編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

セールスフォースとMS、「Lightning for Outlook」を提供開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-06-29 10:37

 Salesforce.comは米国時間6月28日、Microsoftとの広範な戦略的提携の成果として、「Salesforce Lightning for Outlook」(旧「Salesforce App for Outlook」)の提供開始を発表した。これは、Salesforceの顧客関係管理アプリとMicrosoftの「Outlook」を連携させるアドインだ。

 両社はLinkedInの買収に際して競い合ったと報じられていたものの、今回の動きはSalesforceのLightningユーザーエクスペリエンスを中心にしたものとなっている。その概要は以下の通りだ。

  • Outlook内でのLightningコンポーネント:両社の顧客は、Salesforceのコンポーネントを迅速かつ容易にOutlook内に組み込めるようになる。これにより例えば、Salesforceの提供するCPQ(顧客ニーズに合わせた価格見積もり作成)機能である「SteelBrick CPQ」や、サードパーティーのコンポーネントをOutlook内で利用できるようになる。
  • こういったコンポーネントには、見込みから回収までのワークフロー管理や、クリックするだけで電話をかける機能といった、あらかじめ用意されたコンポーネントが含まれる。また、Outlookのナビゲーションウィンドウには、コンテキストに応じてSalesforceのデータが表示されるようになる。
  • 「Lightning Sync」:両社の顧客は、2つのアプリケーションを統合したかたちで連絡先やイベントの同期が可能になる。
  • 新たなデザインとなったLightning for Outlook:Lightning for Outlookのデザインを「Lightning Experience」に基づくよう刷新した。これにより、Outlook内でSalesforceの適切な情報を容易に取得できるようになる。

 MicrosoftとSalesforceは2015年に戦略的提携を強化し、両社の製品が持つ機能を統合していくと発表した。この2年間にわたる提携により、Outlookや「Microsoft SharePoint」「Office」、Salesforceといったツールにおいて、10以上の統合が実現している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]