編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
課題解決のためのUI/UX

課題解決のためのUI/UX--計算機システムの場合 - (page 3)

綾塚祐二

2016-07-14 07:00

 この段階では、人間に分かりやすい形式と、計算機が分かる形式との間の変換も、かなり計算機側が受け持ってくれるようになっている。とはいえ、やりたいことに合致した種々のコマンドを覚える(探す)必要はあるので、計算機とのやりとりのための技能はまだ特殊と言える。コマンドを間違えて無情なエラーが返ってくる、あるいは意図せぬ謎の出力が大量に出てくる、などの経験がある方も多いのではないだろうか。これも独特のUXと言えなくもないが、計算機を敬遠する理由の一つになってしまう人も少なくないであろう。

 さらに計算機の能力の余裕(表示能力の余裕も含む)が増えると、コマンドを探しやすくするメニュー形式のインターフェースや、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が登場した。GUIに関して、見た目のわかりやすさや親しみやすさなどよりもUI/UX的に重要なのは、コマンドラインインターフェースよりも細かい粒度でやりとりをしやすい、ということである。

 せっかくGUIを使っていても、そのやりとりの細かさが生かされていないならば、十分な、良いUXを持たせていない可能性が高い。それどころか、不必要に初期の大型計算機のころ並のインタラクティブ性の低さになっていたりしないか、気をつけたい。

パーソナル化→クラウド化

 GUIが普及するのと前後して、ユーザーそれぞれが1台の計算機(パーソナルコンピュータ、PC)を保有する・使う、というスタイルも発展してきた。他のユーザーのタスクの終了を待たずとも、常に専有できるのである。専有できるので、ゲームなどの遊びにも気軽に使えるようになった。

 個人が計算機を保有するということは、計算機の管理も個人で担う必要がある、ということになる(自由に管理できる、ということでもある)。インターネット接続が普及する以前、PCはスタンドアロンで使うものであったころは基本的に大した管理は必要ではなかった。現代と較べて、データの容量も小さく、バックアップなども比較的簡単に取ることができた。ネットワークにつながっていなければ、外からアクセスされる危険もなく安心であった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]