編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

AMD、「Zen」コア採用のデスクトップCPU「Summit Ridge」披露--インテル「Broadwell-E」と比較も

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-19 11:08

 「当社が重視しているのは、高性能CPUとGPUだ」。米国時間8月17日夜にサンフランシスコで開催されたイベントで、AMDの最高経営責任者(CEO)Lisa Su氏は、集まったジャーナリストにこう語った。会場は同時期に開催中だったIntel Developer Forumの目と鼻の先だ。

 AMDは近年、高性能なプロセッサの開発に力を注いでいる。AMDは「PlayStation 4」と「Xbox One」の両方にプロセッサを供給しており、これには「Xbox One S」や新しく発表された「Project Scorpio」も含まれる。また、高性能な200ドルクラスのグラフィックカード「Radeon RX 480」もリリースした。

 AMDが次に照準を合わせるのは、デスクトップPCだ。

 このイベントで、同社は公式に「Zen」アーキテクチャをベースにした新型CPUのリリースを「2017年前半」まで延期すると発表した。しかしAMDは、8コア/16スレッドのZen CPU評価用サンプルが、同じ速度で動作するIntelの8コア/16スレッド「Broadwell-E」CPU(1100ドルクラスのCore i7-6900Kハイエンドプロセッサ)の性能を上回ることを示すレンダリングデモを行い、Intelを牽制した。

 AMDの最初のZen製品は、「Summit Ridge」と呼ばれる8コア/16スレッドの2.8GHzデスクトップ用CPUになる予定で、このプロセッサは新型のAM4プラットフォームで動作する。このプロセッサはDDR4 RAM、PCIe Gen 3、USB 3.1 Gen2、NVMeおよびSATA Expressに対応する。TDPは95Wになるという。

 4コア/8スレッドのプロセッサ(TDP 65W)も準備されているというが、詳細はまだ明らかになっていない。

 この新しいプロセッサは14nmのFinFET(3Dトランジスタ)アーキテクチャを採用。現世代の製品と比べて性能が40%向上しており、電力効率も上昇している。

 同社が狙っているのは、デスクトップだけではない。AMDはサーバ向けのSoC「Naples」の投入も準備している。このチップは32コア/64スレッドで、デュアルコア構成にした場合、128スレッドの処理能力を実現できる。

 Summit Ridgeの発売時期は2017年第1四半期の予定だが、一部の製品は2016年中に発売される可能性がある。Naplesの発売は2017年後半になる見込みだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]