エプソン、基幹・業務系システムをNECのハイブリッドクラウド環境へ一括移行

NO BUDGET 2016年09月12日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは、社内で分散稼働していた100種以上・300サーバ超のシステムを、仮想サーバ、物理サーバ、ハウジングサービスなどからなるハイブリッドクラウド環境へ移行した。クラウドおよびハウジングサービスを提供するNECが9月7日、ユーザー事例として公表した。


エプソンのシステム基盤全体像

 エプソンはこれまで、社内で分散稼働していた各システムのホスティングサービスへの移行・集約を進めてきたが、コスト削減には限界があったという。また、新事業への取り組みとして、例えばウエアラブルデバイスとITを組み合わせた新しいサービスの早期開発・リリースを行っていくために、ITリソースの迅速な調達や柔軟な拡張が可能な基盤環境へ変えていきたいというニーズがあったという。

 この課題に対しエプソンは今回、NEC神奈川データセンターで提供される「NEC Cloud IaaS」やハウジング環境を組み合わせたハイブリッドクラウドの導入により、さらなるコスト削減と新サービスの早期リリース対応を図った。

 具体的は、設計情報統合管理(PLM:Product Lifecycle Management)などの基幹業務はNEC Cloud IaaSの仮想サーバに、販売・人事などの業務系システムは物理サーバに、セキュリティ機器はハウジングサービスに、さらにデスクトップ環境もワークスタイル変革を推進すべく「NEC Cloud DaaS」(DaaS:Desktop-as-a-Service)へと、それぞれ移行。これらは全てNEC神奈川データセンター内でLAN接続され、高速・セキュアなシステム連携が可能となっている。

 環境の移行では、NECが移行ノウハウを提供、システムの種類で100以上、サーバ台数で300を超える稼働中のシステムを、当初予定通りの1年半でトラブルなくスムーズに移行でき、エプソンでは移行完了直後から、移行前と同等の運用を違和感なく再開しているとのこと。

 新たな環境へ移行した結果、システム運用管理コストを約20%削減できたほか、NEC Cloud IaaSの利用により、ITリソースの調達リードタイムを従来の数か月から1日に短縮し、新サービスの素早い開発・リリースを実現しているという。エプソンは、今回のクラウド導入実績を、将来的に目指すグローバルレベルでの業務オペレーションの全体最適化・標準化に向けたリファレンスとして、活用していく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算