編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IBM、ディープラーニング向けのLinuxサーバ新製品を発表

NO BUDGET

2016-09-17 07:03

 米国IBMは9月8日、新たなLinuxサーバ3種類を発表した。いずれも新しいチップとOpenPOWERコミュニティーによるイノベーションの成果が組み込まれたもので、x86サーバーと比較してより高いレベルのパフォーマンスと計算効率を実現、コグニティブ・ワークロードを高速化し、データセンター効率を向上するという。具体的には、x86システムと比較して1ドルあたりのパフォーマンスが80%向上するとしている。日本IBMが9月12日、抄訳で伝えた。


 IBMでは、OpenPOWER Foundationを通じてほかのテクノロジーリーダーと協力しており、今回のサーバは従来のコモディティーサーバよりも高い性能を実現すべく幅広いアクセラレータを取り入れ、チップレベルとシステムレベルの両面からプラットフォームの設計を根本的に見直したとのこと。

 発表された3種類のサーバの概要は以下の通り。

  • 「IBM Power System S822LC for High Performance Computing」
  •  日本では9月26日出荷開始予定、先着100台をキャンペーン税別価格311万8000円で提供。

     新プロセッサ「IBM POWER8 with NVIDIA NVLink」を搭載、高速の相互接続NVIDIA NVLinkによりNVIDIA Tesla P100 Pascal GPUと直接接続。NVIDIA NVLinkはシリコンレベルで組み込まれ、システム設計全体に取り込まれており、IBMとNVIDIAテクノロジーの密結合により、x86ベース・システムの5倍のデータ処理の速度を実現するという。

     なお本システムは、大規模な多国籍の小売企業、米国エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)やローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)など、複数の企業や研究組織、政府機関において既にシステムの事前検証を済ませ、実装が開始されているとのこと。IBMでは2017年に、ORNLとLLNLのそれぞれに次世代スーパーコンピュータSummitとSierraの納入を予定している。ORNLとLLNLは、SummitおよびSierra向けアプリケーションでNVIDIA NVLinkテクノロジを活用できるよう最適化するための開発プラットフォームとして本システムを採用した。

  • 「IBM Power System S822LC for big data」「IBM Power System S821LC」
  •  日本でも既に提供中、S822LC for big dataは最小構成で税別価格85万円より、S821LCは最小構成で税別80万9000円から。

     ビッグデータ向けに位置付けられたLCサーバ。これらのシステムでは、NVIDIA Telsa K80 GPUアクセラレータをPCIeで接続することで、各種アプリケーションのパフォーマンスレベルを向上させることが可能。また、POWERAccel Coherent Acceleration Processor Interface(CAPI)を活用してFPGAアクセラレーターとの高速相互接続を実現できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]