編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」

AIやHPCをクラウドサービス化する際の課題と「Docker」の可能性 - (page 3)

古賀政純(日本ヒューレットパッカード)

2016-11-11 11:30

ビッグデータに特化したクラウドサービスにおけるDockerの採用事例

 Dockerを使ったベアメタルクラウド基盤は、非常に先進的な取り組みと言えますが、実は、高速計算を必要とするビッグデータ分析のクラウドサービスを提供している企業があります。欧州を拠点にサービスを展開しているBigstep社です。

 Bigstep社は、高性能な計算資源を必要とするビッグデータアプリケーションに特化したクラウド基盤を提供しています。性能だけでなく、システムを停止せずにサーバの追加を行うことで性能を向上させることが可能な拡張性に優れたオープンソースソフトウェア環境をサービスとして提供しています。Bigstep社が提供するクラウド基盤のユーザーは、顧客の行動分析を活用する小売業者や、パターン分析によって脅威を特定しようとするセキュリティ企業、キャンペーンの効果測定や改善を行う企業、マーケットに関する調査会社、ビジネスインテリジェンス(BI)システムのクラウドへの移行を進める企業など、いずれもビッグデータを必要とする企業です。

 これらの企業では、今までハイパーバイザ型の仮想化技術をベースにしたパブリッククラウドを活用していましたが、常に満足のいく性能が発揮できているという状況ではありませんでした。実は、これらの顧客のうち、ワークロードによっては、仮想化ソフトウェアのハイパーバイザーのオーバーヘッドに起因した性能がベアメタルサーバに比べて最大80%低減してしまうことが判明したのです。

 そこで、Bigstep社は、これらのユーザーに必要とされる計算資源の提供方法を刷新することを決断します。その決断とは、「ハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアの排除」、それがベアメタルクラウドです。拡張性を維持しつつ、仮想化を排除することで、大幅な性能向上を実現できており、世界中のビッグデータを目的としたクラウド基盤を比較しても、非常に高性能なシステムの構築に成功しています。

 実際に、ビッグデータ分析を行う顧客を持つBigstep社は、ベアメタルクラウドにおいてDockerの利用を推奨しています。Dockerの採用により、ハードウェア資源の有効利用やワークロードの相乗りが可能なビッグデータ分析が可能な物理基盤をサービスとして提供しています。

 Bigstep社では、旧機種のProLiant Gen8サーバや、さらに古いProLiant G7サーバに加え、最新のProLiant Gen9サーバを併用して運用しています。Dockerの利用により、最新サーバから古いサーバまで、簡単にOS環境とアプリケーション環境を配備、廃棄できるようになったため、非常に柔軟性の高いシステムを実現できています。また、無償のサーバ用Linux OSとして有名なCentOSや、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアのOpenStackの開発OSとして有名なUbuntuなどが採用されており、Dockerエンジンの稼働環境となるLinux OSの初期導入費用の大幅な削減を実現しています。


ベアメタルクラウドを手掛けるBigstep社

 Dockerを活用したビッグデータ・HPCクラウドサービスを提供する取り組みは、欧米でもまだこれからという状況です。現在のビッグデータやHPC基盤における諸問題をDockerで全て解決できるというわけでは決してありませんが、Dockerは、クラウドサービスメニュー拡充、ユーザーの利便性向上、IT基盤の計算資源の有効利用など、IT基盤を提供する側と利用する側の双方にさまざまなメリットをもたらします。ビッグデータ分析やHPCなどの高速計算基盤においても、Dockerを採用したクラウドサービス化の波は、徐々に押し寄せているのです。

古賀政純
日本ヒューレットパッカード オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト
兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバのSE及びスーパーコンピュータの並列計算プログラミング講師、SIを経験。2006年、米国ヒューレットパッカードからLinux技術の伝道師として「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。プリセールスMVPを4度受賞。現在は、日本ヒューレットパッカードにて、Linux、FreeBSD、Hadoop、Dockerなどのサーバ基盤のプリセールスSE、文書執筆を担当。Red Hat Certified Virtualization Administrator、Novell Certified Linux Professional、Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack、Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoopなどの技術者認定資格を保有。著書に「Docker実践ガイド」「OpenStack 実践ガイド」「CentOS 7実践ガイド」「Ubuntu Server実践入門」などがある。趣味はレーシングカートとビリヤード。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]