編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

欧州の10カ国以上のATMが「ジャックポッティング」の被害に--ロシアのセキュリティ企業が明かす

Jonathan Chadwick (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-29 12:22

 ロシアのサイバーセキュリティ企業Group IBによると、2016年、サイバー犯罪者は欧州の10カ国以上で、ATMから現金を吐き出させるソフトウェアを使って、ATMをハックしたという。

 「ジャックポッティング」と呼ばれるこの攻撃は、ハッカーがカード番号やオンラインバンキングの詳細情報を盗むことから、ATMと電子決済の両方へのアクセスを獲得できる、より実入りのいい手法に関心を移していることを示す兆候の1つだ。

 Group IBによると、アルメニア、ベラルーシ、ブルガリア、エストニア、ジョージア、キルギスタン、モルドバ、ポーランド、ルーマニア、ロシア、スペイン、英国のほか、マレーシアの銀行もジャックポッティングの被害に遭ったという。同社は銀行の名前は明かしていない。

 ATMメーカーのDiebold NixdorfとNCR Corpは攻撃を認識しており、現在、顧客と協力して対策に取り組んでいる、と述べた。

 Group IBのインテリジェンス部門を統括するDmitry Volkov氏はReutersに対し、ATMからの不正現金引き出しは今後増加するだろう、と述べた。

 1月、欧州各国でマルウェアを使ってATMを攻撃したサイバー犯罪者集団が、20万ユーロ(21万8000ドル)を盗んだ疑いで、ルーマニアとモルドバで逮捕された。この集団はロシア製のマルウェア「Tyupkin Trojan」を使用したと言われている。

 報道によると、アジアでも7月に台湾でATMハックが発生し、主要3銀行のATMから7000万台湾ドルが盗まれたという。8月には、タイの銀行ネットワークへの攻撃で、1200万バーツが盗まれた。これを受けて、タイの中央銀行は1万台以上のATMのセキュリティ脆弱性について、大手商業銀行各社に警告を発した。

 2月に発生したバングラデシュ中央銀行へのサイバー攻撃の根本的原因はマルウェアだった。この攻撃では、過去最大規模の被害額となる8100万ドルが不正送金された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]