研究現場から見たAI

人工知能は職を奪わない--AIは「空気がよめない」

松田雄馬

2016-12-26 07:00

人工知能は仕事を奪うのか

 英オックスフォード大学のマイケル A. オズボーン准教授が「未来の雇用」という論文を発表して以来、「人工知能によって職業がなくなってしまう」というような論調がメディアを席巻している。

 確かに、前回紹介した「人工知能」すなわち「弱い人工知能」は、「人間の知能の代わりの一部を行う機械」すなわち「道具」であるため、現在、われわれが担っている「作業」のうち、「弱い人工知能」によって「自動化」できるものは少なくない

 ただ、ここで気をつけていただきたいのは、「弱い人工知能」が人間に取って代わるのは、「作業」であって、「職業」そのものではないということである。


 オズボーン博士は論文「未来の雇用」の中で、「自動化」される確率に基づいて、各職業をランキングしている。このランキングによると、最も自動化される確率が低いものが「リラクゼーション・セラピスト」(0.28%)であり、逆に、最も自動化される確率が高いものが「テレマーケター(電話による商品販売員)」(99%)だという。すなわち、テレマーケターの「作業」は、その99%が置き換え可能ということである。

 繰り返し強調したい事柄だが、これは、決して、「テレマーケターが職を失う確率が99%」であるということではない。「テレマーケターは、その作業を99%の確率で自動化でき、効率的に業務を行うことが可能そうである」ということを意味すると考えるのが、妥当な解釈ではないかと考えられる。

 現在、自分の判断だけで動くことができる「強い人工知能」は存在しない。その一方で、われわれが利用可能な「弱い人工知能」は、あくまで、人間が使う「道具」である。

 「強い人工知能」が存在しない以上、所謂「道具」である「弱い人工知能」は、「一人歩き」することができないということは当然のことである。従って、人間が行っているどんな仕事(職業)であっても、「弱い人工知能だけでそれを行う」ことは不可能なのである。

 人間は、意識する、しないに関わらず、さまざまな仕事を、自分の判断で担うことができる。われわれ人間にとっては、まるで「頭」を使わない「作業」に見えるようなものも、「機械」にやらせようとすると、意外な難しさがつきまとうことが少なくないのである。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]