編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
「SD-WAN」の現在

SD-WANを採用する(後編)--選定のポイントはSLA

畳家 庄一

2017-01-24 07:00

<前編はこちら>

SD-WANの採用ポイント(2017年1月現在)

 それでは、Hybrid-WANを想定しない場合における、SD-WANの採用ポイントはどのような点でしょうか。また、物理ベースの従来型WANと、どのように使い分ければ良いのでしょうか。

 2017年1月現在で、最も重要視すべき判断基準はSLA(Service Level Agreement)と筆者は考えています。次に重要視すべき判断基準は、ネットワークを利用する企業の特性です。

従来型WANソリューションとSD-WANの使い分け
従来型WANソリューションとSD-WANの使い分け

非常に高いSLAが要求される場合

 SD-WANはSDNから派生した技術のため、ほとんどのSD-WAN企業は、「SD-WANコントローラ」をクラウド上に構築してサービスを提供しています。2017年1月現在で、最も有名なクラウド基盤を提供しているAWS(Amazon Web Services)が保証するSLAは、月額利用可能時間99.95%です。

 よって、SD-WANコントローラが100%の稼働を担保したとしても、システム全体としての「99.95%の壁」を超えることはできません。従って、導入の前提として99.95%以上を求めるようなミッション・クリティカルなネットワークにおいては、引き続き、物理ベースの既存WANソリューションが適切と言えます。

 また、そのような環境ではCLI(Command Line Interface)を理解できる優秀な技術者が必要になりますので、SD-WANの強みである「専門知識がなくとも簡単に導入、運用が可能である点」が評価されない傾向にあります。

 データプレーンのみに注目すると、端末間で直接オーバーレイネットワークを構築しますので、クラウドサービスのSLAに影響を受けません。もし、SD-WANコントローラに、99.95%以上の稼働率を求めないのであれば、ミッションクリティカルな環境へのSD-WAN導入は可能となります。また、一部では、SD-WANコントローラのクラウド提供をやめ、全てオンプレミスで提供(すなわちSDNへの原点回帰)する動きもあります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]