Rethink Internet:インターネット再考

“真実”などなく"解釈”だけがある--インターネットの限界

高橋幸治 2017年02月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編では「Post-truth」という言葉が、近年のインターネット上の言説がしばしば巻き起こす炎上騒動や混乱状態の根底にある事態をも表現した言葉であり、“真実”が何かを疑うことこそ必要な姿勢であることを述べた。今回は後編だ。

「真実」など存在しない、あるのは「解釈」のみである


ドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェによる『権力への意志』(ちくま学芸文庫)。長短取り混ぜたアフォリズムによる遺稿集(画像提供:Amazon.co.jp)

 「Post-truth」の環境下で「結局のところ、誰の言っていることが正しいのかわからない」という常套句をよく聞くが、私たちはそろそろこの認識のフレームをバージョンアップしなければならないだろう。

 “虚偽を回避していかに真実を探り当てるか”ではなく、虚偽と思われるものも往々にして誰かの「解釈」であり、真実と思われるものも往々にして誰かの「解釈」である。

 ときに事実のお墨付きとして用いられる“科学的”ということですら、現在主流をなす論理の体系の中での整合性に過ぎないのであって、拠って立つパラダイム自体が変わってしまえば科学的に真理であることも誤謬になることすらあり得る。

 従って、「真実を見抜く目を養いましょう」的な警鐘は「Post-truth」の世界では何の役にも立たない。

 ドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェはその主著のひとつである『権力への意志』(ちくま学芸文庫)の中で次のように述べている。ニーチェの断章の中でも特に有名なものである。

現象に立ちどまって「あるのはただ事実のみ」と主張する実証主義に反対して、私は言うであろう、否、まさしく事実なるものはなく、あるのはただ解釈のみと。私たちはいかなる事実「自体」をも確かめることはできない。おそらく、そのようなことを欲するのは背理であろう。(中略)
総じて「認識」という言葉が意味をもつかぎり、世界は認識されうるものである。しかし、世界は別様にも解釈されうるのであり、それはおのれの背後にいかなる意味をももってはおらず、かえって無数の意味をもっている。―「遠近法主義。」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]