編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、Azure顧客を知財訴訟リスクから保護するプログラム「Azure IP Advantage」発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-02-10 15:50

 Microsoftが「Azure IP Advantage」を発表した。クラウドにおける知的財産関連リスクからユーザーを保護するプログラムであるという。

 Azureの顧客を「根拠のない特許訴訟」から保護するため、Microsoftの1万件の特許を利用できるようにする計画だ。また、今後もしMicrosoftが特許非実施主体(NPE)に特許を譲渡することがあっても、顧客に対して権利を行使しないという。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftが同プログラムの下で提供する1万件の特許は、2017年2月8日時点で同社が所有する約6万件の特許の一部となる。

 Microsoftはすでにクラウド顧客に対して上限なしの補償を提供しているが、新しいAzure IP Advantageでは、「Azure HD Insight」に使用される「Hadoop」など、Azureサービスの基盤となるオープンソース技術も対象に含まれる。

 Azure IP AdvantageプログラムのFAQで、Microsoftはこのプログラムを提供する理由について、「顧客は、自社の事業のニーズを理解し、権利を取り上げるのではなく、リスクを予想して対応するのを支援しようと取り組んでいるパートナーを重視すると考えている」と説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]