さまざまなマルウェアがもたらす脅威--要注意の15種 - 6/15

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-05 07:15

「Ramnit」

 2010年に登場した自己複製型ワームであるRamnitは、現在でははるかに危険なものに進化し、金銭の窃盗や詐欺のために銀行の顧客認証情報を盗むバンキング型トロイの木馬になっている。

 Ramnitはフィッシングメールで広がっており、その内容には、最近の寄付に関する情報が記載された、慈善団体からのメッセージに見せかけたものもある。誕生から7年経っているにも関わらず、Ramnitは今でも危険だ。

「Ramnit」

 2010年に登場した自己複製型ワームであるRamnitは、現在でははるかに危険なものに進化し、金銭の窃盗や詐欺のために銀行の顧客認証情報を盗むバンキング型トロイの木馬になっている。

 Ramnitはフィッシングメールで広がっており、その内容には、最近の寄付に関する情報が記載された、慈善団体からのメッセージに見せかけたものもある。誕生から7年経っているにも関わらず、Ramnitは今でも危険だ。

提供:Getty Images/iStockphoto

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]