編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

さまざまなマルウェアがもたらす脅威--要注意の15種 - 14/15

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-03-05 07:15

「Virut」

 2007年4月に発見されたVirutは、IRCサーバへのバックドアを開いて、攻撃者にPCへのアクセス手段を与える。このウイルスにはワームに似た機能があり、取り外し可能なUSBメモリなどを含む他のネットワークドライブに自分自身をコピーして、拡散させる。

 コンピュータがVirutに感染すると、攻撃者によって、他のマルウェアのインストールといった操作が遠隔から可能になる。Virutの作者は、インストールごとに課金されるソフトウェアを勝手に被害者のマシンにインストールすることで、感染したコンピュータにインストールされたアプリケーションから収益を上げるためにこれを作ったと考えられている。

 Virusのターゲットは世界中に広がっているが、感染率がもっとも高いのは米国のようだ。

「Virut」

 2007年4月に発見されたVirutは、IRCサーバへのバックドアを開いて、攻撃者にPCへのアクセス手段を与える。このウイルスにはワームに似た機能があり、取り外し可能なUSBメモリなどを含む他のネットワークドライブに自分自身をコピーして、拡散させる。

 コンピュータがVirutに感染すると、攻撃者によって、他のマルウェアのインストールといった操作が遠隔から可能になる。Virutの作者は、インストールごとに課金されるソフトウェアを勝手に被害者のマシンにインストールすることで、感染したコンピュータにインストールされたアプリケーションから収益を上げるためにこれを作ったと考えられている。

 Virusのターゲットは世界中に広がっているが、感染率がもっとも高いのは米国のようだ。

提供:Getty Images/iStockphoto

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]