さまざまなマルウェアがもたらす脅威--要注意の15種

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年03月05日 07時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Conficker」

 サイバー犯罪者は、獲物の防御を打ち破り、ネットワークの内側に足がかりを簡単に作れるようにするため、新たな形態のマルウェアを開発し続けている。

 われわれのネットワークに対する大きな脅威には新しいものもあるが、かなり古いものもあり、中には10年以上経っても現役というものもある。この記事では、今もっとも恐れるべきサイバー脅威の一部を紹介する。

 登場してからすでに8年以上経っているにも関わらず、コンピュータワームのConfickerは今でも非常に蔓延しているマルウェアの1つだ。

 Confickerは「Windows」の脆弱性を利用してコンピュータに感染し、そのマシンをボットネットに参加させ、その過程でアンチウイルスソフトウェアを無効化する。その結果、標的はほかのマルウェアにも感染しやすくなる。

 発見されたのは2008年11月で、これまでに数百万台のマシンに感染したと考えられ、現在でもこのワームを拡散しようとしている感染状態のIPアドレスが50万あると見られている。

「Conficker」

 サイバー犯罪者は、獲物の防御を打ち破り、ネットワークの内側に足がかりを簡単に作れるようにするため、新たな形態のマルウェアを開発し続けている。

 われわれのネットワークに対する大きな脅威には新しいものもあるが、かなり古いものもあり、中には10年以上経っても現役というものもある。この記事では、今もっとも恐れるべきサイバー脅威の一部を紹介する。

 登場してからすでに8年以上経っているにも関わらず、コンピュータワームのConfickerは今でも非常に蔓延しているマルウェアの1つだ。

 Confickerは「Windows」の脆弱性を利用してコンピュータに感染し、そのマシンをボットネットに参加させ、その過程でアンチウイルスソフトウェアを無効化する。その結果、標的はほかのマルウェアにも感染しやすくなる。

 発見されたのは2008年11月で、これまでに数百万台のマシンに感染したと考えられ、現在でもこのワームを拡散しようとしている感染状態のIPアドレスが50万あると見られている。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算