編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Oracle Database 12c対応の監査ツール、マルチテナントの監視に対応

ZDNet Japan Staff

2017-02-24 07:30

 インサイトテクノロジーは2月23日、データベース監視ツール「PISO」の最新版を発売した。Oracle Database 12cのマルチテナントに対応する。

 最新版製品は、Oracle Database 12c Release 2からOracleの推奨標準構成となるマルチテナント・コンテナ・データベースやプラガブル・データベースの監査需要に対応するもの。プラガブル・データベース単位の監査が可能で、プラガブル・データベースのUnplug/Plug時にも継続的な監査が行える。


製品構成イメージ

 PISOは、SOXやHIPAA、DISA、PCI DSSなど各種業界のセキュリティ標準やコンプライアンス要件への対応を支援するツール。アクセスや操作などを全てリアルタイムに監視したり、ログとして記録したりできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]