編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IBM、エンタープライズ向けブロックチェーンサービス発表--「Hyperledger Fabric v1.0」ベース

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-03-21 11:24

 IBMが「IBM Blockchain」の新たなリリースを発表した。IBM Blockchainは、スケーラブルでセキュアなブロックチェーンネットワークを独自に構築できる機能を企業に提供するサービスだ。

 IBMのプレスリリースによると、この新サービスはThe Linux Foundationの「Hyperledger Fabric version 1.0」がベースになっているという。

IBM Blockchain
提供:IBM

 Hyperledgerを利用し、開発者は「IBM Cloud」でセキュアなブロックチェーンネットワークを迅速に構築しホストすることが可能だとIBMは話す。

 セキュリティを高めるため、IBM Blockchainは極めてセキュアなLinuxサーバである「IBM LinuxONE」も利用している。

 IBMはラスベガスで「IBM InterConnect」カンファレンスを開催中だ。IBMによると、Fabricは「『新たなネットワークメンバーの加入に応じて迅速にスケール可能』な企業向けブロックチェーンネットワークのフレームワークを提供」するという。大規模なユーザーエコシステムと毎秒1000トランザクション以上のトランザクション速度をサポートできるようになるという。

 IBM Blockchain担当ゼネラルマネージャーのMarie Wieck氏は、「IBMは、銀行や航空会社、政府、小売業者向けの世界最大規模のトランザクションシステムを何十年も運用してきた経験を生かして、極めてセキュアな企業向けブロックチェーンサービスを構築している。IBMのブロックチェーンサービスは、IBMの『High Security Business Network』上に構築されており、信頼できるオープンな企業向けブロックチェーンサービスを必要とする組織向けに設計されている」と述べた。

 さらに、このネットワークはセキュアなサービスコンテナを使って、ブロックチェーン全体でコードを保護する。

 IBM Blockchainには、Hyperledger Fabric向けのオープンソースの開発者ツールも含まれる。コーダーがブロックチェーンや既存システムと統合可能なAPIを開発できるように支援することが狙いだ。

 新サービスをサポートするため、IBMは新しいブロックチェーン管理ツールも複数公開した。

 「IBM Blockchain for Hyperledger Fabric v1.0」は現在、「IBM Bluemix」のベータプログラムを通して公開されている。Hyperledger Fabricも「Docker Hub」で公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]