Gartner Summit

間接業務を減らして運用工数を大幅に削減--ニコンシステム - (page 2)

日川佳三

2017-04-13 08:36

運用工数の削減とシステム連携の可視化で、運用費を40%削減

 運用工数の現状を分析した後は、アウトプットを最大化するために、個々のエンジニアの技術スキルに応じた業務を割り当てるようにした。給与に見合った業務というのがあるので、業務ごとの単価を決め、単価の安い業務は外製とした。

 属人化も解消した。ベンダーにロックインされないようにした。個々の運用業務ごとに、業務について知っている人が何人いるか、ドキュメントがあるか、引き継ぎに3カ月以上かかるか、などのパラメータで分析し、属人性の高い業務については改善した。

 取り組み始めてから2年で、間接業務に割いている時間を39%から21%にまで減らすことができた。外注のベンダーについても、本業の比率を56%から63%へと増やした。「ニコンシステムの取り組みに協力してくれるベンダーに仕事を寄せていった」(小山氏)

 運用工数を削減した後は、システム同士がどのように連携しているのかを可視化した。障害の影響範囲が分かるので、障害発生時には早期に解決できるようになった。運用工数の削減とシステム連携の可視化によって、2年間で運用費を40%削減することに成功した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]