編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」

Dockerがもたらすビジネス変革--「コードによるインフラ構築」の具体例 - (page 3)

古賀政純(日本ヒューレットパッカード)

2017-04-28 08:00

DockerfileからDockerイメージを作成する

 Dockerfileを作成したら、Dockerエンジンが稼働するホストOS環境において、「docker build」というビルド用の命令を与えることにより、Dockerイメージがビルドされます。ビルドしたDockerイメージには、すでにウェブサーバとウェブコンテンツが含まれていますので、ビルドしたDockerイメージからDockerコンテナが起動すると、すぐにウェブコンテンツが閲覧できる状態になります。

 このように、Dockerfileに記載した構築手順のコード化の仕組みにより、OS環境とアプリケーション環境をDockerイメージでパッケージ化し、「docker build」により自動構築できることが理解できるかと思います。ここで重要な点は、アプリケーションやウェブコンテンツを格納済みのDockerイメージは、他の人と共有でき、何度でもすぐに再利用できる点です。

 Dockerイメージは、用途に応じて、提供するサービスが異なりますが、Dockerイメージに目的の業務アプリケーションやコンテンツを格納できさえすれば、次からは、そのアプリケーションとウェブコンテンツ、設定ファイルなどを手動で再構築するといった作業を省くことができるわけです。

図. Dockerエンジンが稼働するホストOS上で、「docker build」というビルド用の命令により、Dockerfileが読み込まれ、アプリ入りのDockerイメージが生成される。アプリ入りのDockerイメージからDockerコンテナを複数起動し、複数ユーザーで利用できる
図. Dockerエンジンが稼働するホストOS上で、「docker build」というビルド用の命令により、Dockerfileが読み込まれ、アプリ入りのDockerイメージが生成される。アプリ入りのDockerイメージからDockerコンテナを複数起動し、複数ユーザーで利用できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]