編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

グーグル傘下DeepMindと英NHSの取り組みにみる、医療分野へのAI活用の今とこれから

Jo Best (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-04-20 06:30

 Google傘下のDeepMindは英国民保健サービス(NHS)と一連の提携を締結してきている。では、いったいどのようなことが起こっているのだろうか?


頭部と頸部(けいぶ)の断層映像分析は、Google傘下のDeepMindがヘルスケア分野における同社のスキルを駆使していこうとしている分野の1つだ。
提供:AKO Kung, Getty Images/iStockphoto

 ヘルスケア分野は以前から、人工知能(AI)のさまざまな応用が可能だと考えられている。IBMが「IBM Watson」を企業向けのサービスとして提供すると決断した際、最初に商用テストを実施する分野に選んだのはがん治療だった。

 AIとヘルスケア分野の相性が良い理由はいくつかある。

 まず、世界の、特に英国のヘルスケア機関はコスト削減を迫られている。どのようなタスクであっても、臨床医の抱える仕事の一部をAIによって自動化すれば、コスト削減につながる可能性が生み出される。

 また、ヘルスケア分野で取り扱われるデータの量は膨大だ。テスト結果やスキャン画像、カルテ、今後の診察および検査の予約に関する情報などさまざまなものがあり、そのほとんどは構造化されていない。AIを手がける企業から見た場合、これはAIシステムの訓練に利用できるデータがたくさんあることを意味しており、ヘルスケアプロバイダーから見た場合、組織化したうえで利用可能なかたちにすべきデータがたくさんあることを意味している。

 より良いヘルスケアをより低いコストで提供するというプレッシャーにさらされているNHSにとって、AIの魅力はあらがい難いものと言えるだろう。

 ここでDeepMindと、ロンドンの眼科専門病院Moorfields Eye Hospital NHS Foundation Trustや、University College London Hospitals(UCLH)NHS Foundation Trustとの提携に目を向けたい。いずれの提携も、スキャン画像のチェックといった定型業務がヘルスケアのプロフェッショナルではなくアルゴリズムによって実施され、臨床医が患者に接するためにより多くの時間を割けるようになるという未来に向けた道を切り開くものだ。

 これらの提携により、DeepMindのヘルスケア分野での作業を念頭に置いたアルゴリズムを訓練できるデータが同社に提供されることで、NHSにおけるAIのさらなる活用に向けた土台が築かれる。Moorfieldsとの提携では、DeepMindのソフトウェアに目のスキャン画像100万件と、患者の症状についての情報を入力し、最終的に目のスキャン画像のみから眼疾患を特定できる方法を教え込むことになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]