海外コメンタリー

「バイモーダルIT」はバズワードではない--いかに実践するか - (page 3)

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年04月21日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「私なら、社内でバイモーダルITという言葉は使わない。それによってかえって失敗してしまう」とHudson氏は言う。「われわれITリーダーの最終的な目標は、人々の物の見方や考え方を変えることだ。それにはどうしたらよいだろうか?わが社の場合は、最高財務責任者(CFO)を脇に連れ出して、戦略について話をした。私自身も、バイモーダルなアプローチを取るかもしれないし、非常に小さなプロジェクトを進めるかもしれない」(Hudson氏)

 Hudson氏は、同氏の会社で進めているプロジェクトの多くは、定義上はバイモーダルITだと述べている。「IT部門はプロジェクトがうまくいくことを証明する必要がある。ときには顧客サービスに関する大規模な実装を行う場合もあるが、その種の大規模なプロジェクトの成否は、多くの場合それに先行する小さな取り組みに依存する」とHudson氏は述べ、同氏の会社でそのようなプロジェクトを進めるには、世界中のオフィスにいる、20~30人の支持を得なければならない場合もあると説明する。

 「プロジェクトをスタートさせるには、非常に微妙なアプローチが必要となる」とHudson氏は言う。「われわれは、ほかの部門の人々を巻き込み、ITについてこれまでとは違う考え方をさせようとしている。企業のCIOは、事業部門の人々が、テクノロジによる変化はよいことだと考えるように導く必要がある。バイモーダルITは、ITのよい面を広める助けになり得る」(Hudson氏)

 成功の鍵は、バイモーダルITをプラスの成果を生み出すために使うことだという。結局のところ、会社が気にするのは結果だけだ。Hudson氏は、バイモーダルITは現場の従業員がITを活用し、試し、会社が求めるプラスの結果を生み出すのに役立つ可能性があると述べている。

 「万能薬は存在しない。あるのは、企業に属するITプロフェッショナルとして満たすべき、より大きなビジネス目標だけだ」と同氏は述べている。「バイモーダルITは道具の1つにすぎない。賢いやり方は、このツールが何を意味しており、どう使えばビジネスの働きを改善できるかを考えることだ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算