海外コメンタリー

DevOpsがIT部門に与える10の変化

Conner Forrest (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年04月07日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業のIT部門のリーダーたちは、ITのイノベーションを推進する手段としてDevOpsを導入している。DevOpsの存在感が増すにつれて、アジャイル開発の手法や、コンテナやオーケストレーションプラットフォームなどのツールも一般的になってきた。

 しかし、DevOpsがもたらす本当のメリットは一体何だろうか?DevOpsで顧客体験を改善できることは明らかだが、実はIT部門の運営に関してもさまざまなメリットがある。この記事では、DevOpsの導入でIT部門が得られるメリットを10個挙げみる。

1.部門間連携の強化

 DevOpsの最終的な目標は、価値を早く提供することだ。企業にとって重要なメリットの1つは、開発部門と運用部門の間にある壁を取り払って、両部門間の連携を強化し、問題に対するアプローチを変えさせることができることだろう。

 Forrester Researchのアプリケーション開発と提供を専門とするシニアアナリストであるChris Condo氏は、「DevOpsを導入すると、IT部門は開発チームと製品チームの協力者となり、全員が製品の全体的な成功を目指すパートナーになる」と述べている。

2.製品化までに要する時間の短縮

 短期間のスプリントとアジャイル開発の手法を用いるDevOpsは、新しい製品やサービスを早く市場に出すのに役立つ。さらにCondo氏は、製品が企業のミッションにより明確に合致するようになることも多いと述べている。

 「一般的に得られる全体的なメリットとしては、方向付けの段階で得られたアイデアを製品として実現するまでのサイクルの短縮、品質の向上、企業の事業目標との整合性向上などが挙げられる」(Condo氏)

3.サイクルの短縮

 DevOpsを導入すると、製品化までに要する時間が短縮されることに加え、連続的デプロイメントによるアップグレードサイクルの短縮も可能になる。451 ResearchのDonnie Berkholz氏は、ソフトウェアの提供にリーン開発のアプローチを用いることで、ボトルネックを発見して取り除くことができると述べている。

 「企業が月ごと、あるいは四半期ごとのリリースから、連続的な提供に移行すると、1年に数回ではなく1日に複数回ソフトウェアをリリースすることを可能にするために、リリースプロセスを変える必要がある」とBerkholz氏は言う。「多くの場合、その過程で提供パイプラインのボトルネックが判明する」

Devops
提供:iStockphoto/mavoimages

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算