編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

「バイモーダルIT」はバズワードではない--いかに実践するか

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-04-21 06:30

 2014年にGartnerが提唱した「バイモーダルIT」という概念には、ネガティブな見方も多い。専門家の中には、運用とイノベーションに並行して取り組むという、バイモーダルIT(2つの流儀のIT)のフレームワークは、単なる最高情報責任者(CIO)のベストプラクティス以上のものではないと言う者もいる。バイモーダルITは有効な概念なのだろうか。それとも、業界の空虚な流行語の1つにすぎないのだろうか。

 クラウドプロバイダーであるRackspaceが最近主催したパネルディスカッションでは、バイモーダルITが取り上げられ、このモデルは、会社からの革新的なITプロジェクトへの支持を得るために役立つという議論が出た。

バイモーダルITのビジネスケース

 ヘアケア企業ghdのグローバル技術ソリューションマネージャーSpencer Hudson氏は、CIOは依然として社内で新たなプロジェクトへの支持を得るのに苦労していると述べている。同氏の「上司」は、今では事業部門の幹部もテクノロジの重要性を理解していると話しているそうだが、Hudson氏自身の視点から見ると、多くの事業部門のマネージャーはまだテクノロジを単なるサービスだと考えている。

 「きっとこの時期になれば、経営チームもITを活用する方法を理解してくれるようになるだろうと期待していた人もいただろうが、必ずしもそうはなっていない」とHudson氏は言う。「ITを理解している若い経営者や上級マネージャーがいることもあるが、実務者とユーザーの知識にはギャップがある。多くの場合、ITの重要性を理解してもらうのは難しい」

 幸いにしてバイモーダルITは、適切に使いさえすれば、事業部門がITの価値を理解し、使っているテクノロジを最大限に活用できるようになるために役立つかもしれない、とHudson氏は言う。運用を継続しながら、同時に変化のためのビジネスケースを設けることで、CIOの考え方を周囲に理解してもらえる可能性がある。

 「CIOは何かを起こす必要がある。信頼を獲得するためには、十分な数のプロジェクトを成功させる必要がある。ほかに方法はない。物事を正しく進めれば、事業部門はコースを外れることを認めてくれる」とHudson氏は言う。

 「ITの世界では、抽象度が上がり、細かい技術的な問題は重要ではなくなってきている。ビジネスの課題を解決するソリューションを生み出すことが目標であることを考えれば、これはあるべき姿だと言える。私は、さらに抽象化が進み、技術よりもビジネスの成果に力を入れられるようになることを望んでいる」(Hudson氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]