調査

上場企業の6割超「将来的に社外データを活用したい」--経済省調査

NO BUDGET 2017年04月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省は、4月20日、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」の結果を発表した。

 これによると、調査に協力した東証一部上場企業304社のうちの61.5%(176社)が、「将来的には、社外からのデータ取得を行うことが望ましいと考える」と回答していることが分かった。

 同調査は、2016年10月17日から11月11日にかけて実施された。調査内容は、事業内容、事業におけるデータ利活用の状況(現状・望ましい姿)、データ利活用を今後推進していく上での課題や制約、データ利活用をしていく上での政策的な課題・要請など。

 企業間におけるデータのやりとりについては、現状で社外からのデータ取得を行っている企業が42.7%(122社)。また、現在「社外へのデータ提供」を全部または一部行っている企業が24.0%(69社)。将来的には、全部または一部を提供することが望ましいと考える企業が32.3% (93社)という結果となった。


 第三者によるデータの不正利用に対する法制度については、厳罰化や損害賠償などによる抑止力を高めることと同時に、自社や顧客に対する被害拡大を抑えることを目的に、差止め措置などを求める声が多いことが分かった。


 回答別(複数回答)では、損害賠償基準の明確化を求める企業が69.1% (197社)、罰金・懲役などといった罰則強化を求める企業66.0%(188社)、差止請求による被害の最小化60.0%(171社)、データを不正取得したとしても個人・企業にアプローチができないようにする制度を求める企業44.9%(128社)となった。

 データ利活用を推進していく上での課題・政策要請については、ヒアリング調査を行っている。製造業企業からは、「生データを保護することは難しいかもしれないが、当社で分析したデータについては他社が不正利用した場合に差し止め請求ができるような法的な裏付けが欲しい」「利害調整(権利、紛争の事後解決など)の機能を果たすルールがあれば企業はデータ利活用に取り組みやすくなり、その拠り所となる法律が必要である」「日本ではデータ利活用の相場感(データの利用範囲など)が形成されていないため、データ利活用に積極的ではないと思われる。ただし、相場感を形成するには一定のルールが必要と考える」「営業秘密は個別企業ごとに秘密保持契約を結ぶが、限られた業種内で多数の企業と秘密保持契約を結ぶと実質的には秘密は守られなくなる可能性がある」といった意見が出された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算