編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

パナマ運河の効率的な船舶通航を実現する新システム--IoT活用も - (page 3)

Colin Barker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-05-02 06:30

 「このシステムは、向こう48時間の詳細なスケジュールを教えてくれるだけでなく、複数のシナリオを作成し、仮定を置いたうえで、考えられるすべての事態に対する適切な対応を可能にする」(Gaviria氏)

 この新システムは現在、完成に向けて実装中であり、IoTも活用できるようになっている。

 運河周辺には数多くのセンサが設置されており、大量のデータを収集していると同氏は述べ、「われわれはこのデータを活用しようとしている。閘室内での待ち時間や給排水時間(閘室水位の上昇/下降にかかる時間)といった情報は簡単に取り込めるはずだ」と述べた。

 このような待ち時間を管理する際にもIoTが活用できる。同氏は「閘門によって給排水のペースが異なるため、以前のシステムでは閘門ごとに異なる待ち時間が設定されていた」と指摘した。

 「現在では特定のペースで給排水が可能な閘門もあるが、水圧はしばしば変動する場合もあるため、時間とともに給排水のペースが変わってしまう可能性もある。現在、パナマ運河は閘門あたり1日60回程度の給排水を実施しているため、ちょっとした違いが120分ものずれになってくる。IoTの導入により、こういった変化を加味できるようになった」(Gaviria氏)

 このような効率向上によって、運河を通航する船舶の数は増えることになった。これは、運河の臨機応変な運用を実現するという全体計画の一部なのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]