編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Oracle Cloud、Apiaryの技術を統合したAPIソリューション提供

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-15 12:12

 Oracleが、「Oracle API Platform Cloud Service」をリリースし、「Oracle Cloud Platform」の統合製品を拡大した。「重要なAPIを普及させるための設計、プロトタイプ、ドキュメント、テスト、管理のためのエンドツーエンドの機能」を提供するという。

 Oracleは、開発ツールを手がける新興企業Apiaryの買収を発表しており、今回のリリースはこれに続くものだ。ApiaryのAPI設計とガバナンスプラットフォーム、OracleのAPI管理機能とを組み合わせたものだ。外部開発者やパートナー企業がファイアウォール内にあるデータ、アプリケーションやデータストア内へのアクセスを許可する機能を提供する。さらに開発者はさまざまなユーザーに向けたインターフェイスを管理できる。オンプレミスの実装、Oracle Cloud内での実装、サードパーティーのクラウドでの実装が可能だ。

 Oracle Cloud Platform担当シニアバイスプレジデントを務めるAmit Zavery氏は、「データは企業にとって新しい通貨であり、APIはビジネスのモダン化と敏捷性を実現し、ユーザーがモバイル、IoT、クラウドまたはオンプレミスで、アプリケーションやデバイスをまたいで簡単につながり、重要な情報を共有できるようにすることが不可欠だ」と声明文で述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]