編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
Dell EMC World

VMwareがAWSとの提携のデモ初公開--IoT管理ファミリ「Pulse」発表 - (page 3)

末岡洋子

2017-05-18 07:15

PivotalとVMwareの統合で”タイム・ツー・バリュー”を

 Any Applicationでは、PaaSのPivotalとの統合として「Developer-Ready Infrastructure(DRI)」を発表した。NSXとPivotalのCloud Foundryを統合して、PivotalのマイクロサービスとVMwareのSDDC(ソフトウェア定義データセンター)、NSXのマイクロセグメンテーションにより、ソフトウェアを迅速に開発して配信できるという。

 ここでGelsinger氏は、Pivotalを共同創業し、現在最高執行責任者(COO)を務めるBill Cook氏をステージに招き、協業の狙いと背景について語った。

VMwareのPat Gelsinger氏とPivotalのBill Cook氏。
VMwareのPat Gelsinger氏とPivotalのBill Cook氏。

 Cook氏は「アプリケーションのインフラがオンプレ、パブリッククラウドとユビキタスになる”クラウドネイティブ”のトレンドが台頭し始めており、いかにしてサイクルを高速にしてバリューを提供するかが課題となっていた」とし、”タイム・ツー・バリュー”がPivotalがもたらすものだとした。

 これを受けて、Gelsinger氏は「開発者とインフラの間に摩擦が生じている」と課題を指摘する。「コンテナワークロードを運用環境に統合するのは簡単ではない。DRIは開発とインフラを結びつける役割を担う」とGelsinger氏。Cook氏も「2つの世界を組み合わせることで、スーパーハイウェイが実現する。これまでの流れを変えるゲームチェンジャーだ」と述べた。

 Gelsinger氏はスピーチ中、「Dell Technologiesの一員なので、技術を組み合わせてさまざまなことができる」と述べた。4月末に来日時、Gelsinger氏は「Dellの買収により変わったところはない」としたものの、Dell EMCプレジデントのDavid Goulden氏は、「フェデレーションが友達なら、現在は家族」と関係を形容した。今後も、マルチクラウド、IoTの文脈で統合や連携の方向に進みそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]