編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
VMWorld

ゲルシンガーCEOの勝ち抜く施策--VMworld 2015

藤本京子

2015-09-05 07:00

 米VMwareがサンフランシスコで開催した「VMworld 2015」の2日目、同社は米Microsoftと共同で取り組んでいるプロジェクトを発表したほか、最高経営責任者のPat Gelsinger氏がデジタルビジネスに必要な要素について語った。

 VMwareとMicrosoftが共同で発表したのは、Windowsのデスクトップ環境を管理するという「Project A2」のテクノロジプレビューだ。


米VMware エンドユーザーコンピューティング担当 エグゼクティブバイスプレジデント 兼 ジェネラルマネージャー Sanjay Poonen氏

 同プロジェクトは、VMwareのエンタープライズモバイル管理製品「AirWatch」と、アプリケーション配信技術「VMware App Volume」を組み合わせ、Microsoftの最新OS「Windows 10」にユーザー管理とアプリ配信自動化の仕組みを取り入れるというもの。

 これにより、「アプリ配信の仕組みがOSに依存することなく実現でき、Windows 10へのシームレスな移行を可能とする」と、VMware エンドユーザーコンピューティング担当 エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのSanjay Poonen氏が基調講演の壇上で説明した。

 AirWatchは、VMwareが2014年1月に買収した同名の企業によるモバイル管理ソリューション。App Volumeは、同じく2014年8月に買収したCloudVolumeが提供していたアプリ配信プラットフォームだ。

 Project A2を活用すれば、既存のWindowsアプリケーションがWindows 10ベースのPCやモバイルデバイスにも容易に展開できるという。講演には、Microsoft コーポレートバイスプレジデントのJim Alkove氏も登場。Project A2について、「Windowsデバイスを市場で最も管理しやすい製品にすることが狙いだ」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]