編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
VMWorld

ゲルシンガーCEOの勝ち抜く施策--VMworld 2015

藤本京子

2015-09-05 07:00

 米VMwareがサンフランシスコで開催した「VMworld 2015」の2日目、同社は米Microsoftと共同で取り組んでいるプロジェクトを発表したほか、最高経営責任者のPat Gelsinger氏がデジタルビジネスに必要な要素について語った。

 VMwareとMicrosoftが共同で発表したのは、Windowsのデスクトップ環境を管理するという「Project A2」のテクノロジプレビューだ。


米VMware エンドユーザーコンピューティング担当 エグゼクティブバイスプレジデント 兼 ジェネラルマネージャー Sanjay Poonen氏

 同プロジェクトは、VMwareのエンタープライズモバイル管理製品「AirWatch」と、アプリケーション配信技術「VMware App Volume」を組み合わせ、Microsoftの最新OS「Windows 10」にユーザー管理とアプリ配信自動化の仕組みを取り入れるというもの。

 これにより、「アプリ配信の仕組みがOSに依存することなく実現でき、Windows 10へのシームレスな移行を可能とする」と、VMware エンドユーザーコンピューティング担当 エグゼクティブバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのSanjay Poonen氏が基調講演の壇上で説明した。

 AirWatchは、VMwareが2014年1月に買収した同名の企業によるモバイル管理ソリューション。App Volumeは、同じく2014年8月に買収したCloudVolumeが提供していたアプリ配信プラットフォームだ。

 Project A2を活用すれば、既存のWindowsアプリケーションがWindows 10ベースのPCやモバイルデバイスにも容易に展開できるという。講演には、Microsoft コーポレートバイスプレジデントのJim Alkove氏も登場。Project A2について、「Windowsデバイスを市場で最も管理しやすい製品にすることが狙いだ」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]