海外コメンタリー

ビジネスリーダーのリスク意識を変える6つのテクノロジトレンド - (page 2)

Alison DeNisco (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-06-02 06:30

1.最新のクラウド技術やハイパーコンバージェンスへの移行

 クラウドコンピューティングに対する支持が高まるにつれて、あらゆるものがサービスとして提供されるようになってきている。このことは、ビジネスのバリューチェーンを変容させる。これは、データが異なるプラットフォームやインフラの間を、安全かつシームレスに流れるようになるためだ。この変化は、リスクや規制、ガバナンスに関する新たな要件をもたらす。レポートでは、「企業はデータプライバシーやセキュリティ、ベンダー管理に対する取り組みを強化する必要があるだけでなく、監査や、法律や規制へのコンプライアンスに関する透明性を向上させつつ、事業継続計画にも磨きをかけていく必要がある」と説明されている。

2.人工知能(AI)の普及

 レポートによれば、AIや機械学習プラットフォームから収集されたリスク情報は、さまざまなレベルにおいて業績管理に有利に働く。「GRCテクノロジは、データセットやさまざまなリスクの拡大に後れを取らないよう、進化していく必要がある」とレポートには書かれている。「GRCソリューションは、企業のリスクとコンプライアンスを組織全体で効果的に管理できるように変化する必要がある」

3.モノのインターネット(IoT)の進化

 2020年には208億台のデバイスがネットワークに接続されると予想されており、これに伴って、新たなGRCの課題も数多く出てきている。IoTの開発者はセキュリティに十分な配慮をしていないことも多く、ボットネット「Mirai」は、この問題がどれほど深刻かを示す事例となった。レポートでは、「今後、IoTから本当にメリットを享受するには、これらのデバイスの安全性を確保する新たな方法を見いだす必要がある」と述べられている。

4.GRCにおけるブロックチェーン技術の利用

 ブロックチェーン技術は、多くの業界で使われるようになってきている。レポートによれば、未来のツールは、ブロックチェーン技術を利用して情報交換を行う手段を提供し、データに対するガバナンスと透明性を提供できるようになるという。「企業はブロックチェーンを利用して、リアルタイムでのリスクやコンプライアンスに関する情報交換を効率化しつつ、情報の矛盾を発見できるようになる」とレポートには書かれている。

5.ニューエコノミー

 Uberや自動運転車の誕生を見ても分かるとおり、企業は新たな産業の形成を加速している。新産業の形成は新たな規制やガバナンスの新たな要件を生むが、GRCテクノロジはこの市場の変化に適応していく必要がある。

6.新しい働き方

 レポートによれば、企業は、モバイルを活用した働き方が一般的になるにつれて、セキュリティや認証手段、インフラの安全性、データの暗号化、国ごとの規制などの観点から、リスクや新たな要件に対応できる新しいフレームワークを必要とするようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]