より賢く活用するためのOSS最新動向

Hyperledgerのミートアップで考えた、ブロックチェーン普及の必要条件

吉田行男 2017年04月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

 今回は、急速に盛り上がりを見せているブロックチェーンの話題に触れてみたいと思います。3月16日に『第1回 Hyperledger Tokyo Meetup』が開催されましたので、その様子も合わせてご紹介したいと思います。

『Hyperledgerプロジェクト』とは

 2015年12月17日、米国のThe Linux Foundation(LF)はブロックチェーン技術の普及に向けて、新たな共同研究プロジェクトである『Hyperledgerプロジェクト』を発表しました。

 『Hyperledgerプロジェクト』とは、さまざまな業種でのブロックチェーン技術の高度化を進めるオープンソースプロジェクトで、LFが主催するプロジェクトとしては、過去最高のペースで規模を拡大中です。

 参加企業は、米IBM、米インテル、米アクセンチュア、日立製作所、富士通などのIT企業だけではなく、米JPモルガンや米CMEグループなどの金融機関、エアバスやダイムラーなどの製造業など、幅広い分野から参画しています。

 『Hyperledgerプロジェクト』の目的は、ビジネスユースのブロックチェーン技術を用いたシステム構築を目的として、オープンソースによる分散元帳フレームワークの開発や実証実験などのさまざまなアプローチをしています。ブロックチェーンのフレームワークとしては、2017年4月5日現在、下記の3つが存在しています。

  1. Fabric:米国IBM社が開発したアプリケーション/ソリューション開発の基盤技術で、コンセンサス、メンバシップ・サービス等のコンポーネントの利用を可能とするモジュラー型アーキテクチャ及びプラグ&プレイとしての特徴としています。
  2. Iroha:日本のスタートアップであるソラミツが開発したフレームワークで、分散元帳技術を必要とするインフラ・プロジェクトへのシンプルかつ容易な導入を目的としています。
  3. Sawtooth Lake: 米国Intelが開発したフレームワークで、IoTから金融分野等への幅広い領域への適用と多様な要件への対応の可能性を有し、パーミッション型、パーミッションレス型の双方に対応しています。

 今後、米国R3社が開発している「Corda」も加わる見込みです。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算