より賢く活用するためのOSS最新動向

企業システムはもはやOSS抜きでは構築できず、OSSをキャッチアップせずにシステム提案はできない。オープンソースの領域で15年以上の経験を持つ日立ソリューションズの吉田行男氏が、OSSの最新動向とエンタープライズの利活用について解説する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

  • 中国電力情報システム部門の意識を変えたOSS活用

    「PGConf.ASIA 2016」で紹介された中国電力の事例を紹介することで、OSSを活用するユーザーの意識が変わってきたケースを解説する。

  • AI、Cloud Foundry、マイクロソフト--2016年OSS総括

    こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。2016年も残すところあと少しということで、年末恒例の今年を振り返ってみたいと思います。

  • 今、日中韓でOSS推進に協力する意義

    こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。今回は、大会のレポートを交えながら、このフォーラムの意義について考えていきたいと思います。

  • OSSと人工知能の関係--なぜオープンソース化なのか

    こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。今回は、最近話題の「人工知能」とOSSとの関連について、ご紹介したいと思います。

  • OpenOfficeの終焉にみるOSSコミュニティのライフサイクル

    こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。Apache OpenOfficeプロジェクトの代表を務めるデニス・ハミルトン氏は9月1日、「Apache OpenOfficeプロジェクトは、プロジェクトとしてエネルギッシュな活動を続けるにはそのキャパシティに限界がある」―こんな書き出しで始まるメールをOpenOffice開発者メーリングリストに投稿しました。今回は、OpenOfficeプロジェクトの歴史を紐解きながら、OSSコミュニティのライフサイクルについて考えていきたいと思います。 今回は、Apache OpenOfficeプロジェクトの歴史を紐解きながら、OSSコミュニティのライフサイクルについてか考えていきたいと思います。

  • OSSを活用するためのガイドラインを作ろう

    OSSを活用する上では、特にコンプライアンス関連でのリスクについて慎重に対応しなければいけません。ライセンスの理解が不十分なために、適切なライセンスへの対応を怠ったり、自社開発や外部へ発注したソフトウェアに意図しないOSSが混入していたりという事例が数多く報告されています。このようなライセンス違反を起こさないためには、OSSを活用するためのガイドラインが必要になります。

  • OSSライセンスとの付き合い方

    こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。今回は、OSSを語り始めると避けて通れない「ライセンス」について、ご紹介します。

  • OSSコミュニティとの付き合い方:コミッタになるということ

     こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。今回も、コミュニティに貢献するということがどのようにビジネスにつながっているかという点について、説明したいと思います。その中でわかりやすい例として「コミッタになる」ということについて、話を進めていきたいと思います。

  • OSSコミュニティとの付き合い方 ~PGEConsの実践~

    OSS自体が日々成長を続けていく中で、検証は1回だけ行えばよいというものではなく、継続して実施する必要があります。とはいえ、一企業で実施するのは非常に困難なので、さまざまな団体を設立し、検証を続けてきました。そのような事例として「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)」をご紹介したいと思います。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial