編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
仕事で使うアップルのトリセツ

Macを仕事に持ち込む人たちの本音とWindowsから離れない社員の本音 - (page 2)

大木豊成

2017-07-15 07:00

MacBookは明確にスペックを決めること

 先日、とある企業の情報システム部門の人からこんな相談を受けた。

 「営業部門からMacBookを持ちたいと言ってきたのだが、どのMacBookにすればいいのか分からない。スペックはとりあえず最低でいいと思う」

 WindowsからMacに切り替える、あるいはマルチプラットフォームで両方のOSを使う企業が増えている。筆者が講演する際に、登壇席から見てMacBookのリンゴマークが見えることが、ここ数年で急増している。しかし、Macを使ったことがない情報システム部門の人たちは、ユーザー部門のニーズにどう応えればいいのか、困っている人は少なくないのだ。

 上記の質問も、最近のMacを知らない人の質問だ。現在のMacBookおよびMacBook Air、MacBook Proはいずれも、メモリとSSDの容量は、後から交換する、あるいは追加する、ということはできない。そのために、スペックは「とりあえず最低でいい」という決め方ではいけないのだ。そして、SSDの容量を最低にしておくのであれば、旧来のWindowsでしかアクセスできないファイルサーバではなく、Macでも使える仕組みを一緒に考えておく必要がある。

 大抵の場合は、クラウドサービスを導入することになるのだが、そこを含めて検討しておく必要があるのだ。筆者は、MacBook Proを使用しておりSSDの容量は512GBだ。理由は、動画が入ったプレゼン資料を扱うことが多く、最低の容量では足りないおそれがあるからだ。

 しかし、それ以上の容量は、クラウドサービスに置いてあるので、必要なときだけ持ってくればいい、と割り切っている。なんでもかんでもローカルに置いてしまうと、かえって社内共有を忘れる原因になるし、そもそも日々使うわけではないものを持ち歩く必要などないのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]