編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

レッドハット、MS「.NET Core 2.0」を「RHEL」などでサポート

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-23 12:59

 Microsoftとオープンソース業界の関係が変化している。Microsoftは「SQL Server」をRed Hatの「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」に移植した。そして今回、Red HatがMicrosoftがオープンソースにしている「.NET Core 2.0」をRHEL、「Red Hat OpenShift Container Platform」、その他のRed Hatプラットフォームでサポートすることを発表した。

 Microsoftの「.NET Core」は、Webアプリケーションとマイクロサービスを構築するための軽量のモジュラー型プラットフォーム。開発者はこれを利用して、様々なプラットフォームで動く.NETアプリケーションを構築し、Red HatのOSやクラウドで実装できる。

 Microsoftは.NET Coreの最新版となるバージョン2を8月14日にリリースしている。.NET Coreは.NET開発プラットフォームにクロスプラットフォーム間で実装でき、「Windows」「Linux」「macOS」で動く。

 .NET Core 2.0は「.Net Standard 2.0」をサポートしており、すべての.NETランタイムとワークロード間でプラットフォームの相互運用性と移植性を強化している。アプリケーションパッケージングも合理化し、「ASP.NET 2.0」と「EF Core 2.0」へのアクセスが容易になった。

 APIの種類も増えており、「.NET Standard 1.6」では1万3000種類だったのが、2.0では3万2000種類に増えている。新しいAPIの多くが.NET Framework APIで、これにより開発者は既存の.NET Frameworkコードを簡単に.NET Standardに移植できるようになった。つまり、Microsoftの主要なプログラミング言語は、クロスプラットフォーム性がこれまで以上に強化されていると言える。

 .NET Core 2.0とRHELやRed Hat OpenShift Container Platformを組み合わせると、C#、F#、Visual Basicを利用してモダンなコンテナ化されたアプリケーションを作成できる。

 Red Hatは.NET Coreのエンタープライズ級のサポートを自社ポートフォリオ全体で提供する初のベンダーとなる。

 「.NETは業界でよく使われている開発プラットフォームの1つであり、Red Hatは.NET Coreコミュニティの主要な貢献者として、リーチと機能拡大を支援する」とRed Hatの「Developer Program」担当シニアディレクターのHarry Mower氏は述べている。

 Red Hat製品での.NET Core 2.0対応は通常のyumインストール向けのRPM、あるいはLinuxコンテナイメージの形で、まもなく提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]