編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、「Einstein」発表から1年--複数の新機能やAI向けファンド発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-20 11:12

 Salesforceは米国時間9月19日、同社の人工知能(AI)プラットフォーム「Einstein」が1周年を迎えたと述べるとともに、同プラットフォームに対する複数の新機能を発表した。

 「Sales Cloud Einstein」の新機能である「Einstein Forecasting」は、データマイニングと機械学習を用いることで、営業チームのリーダーらによる詳細な販売予測を支援する。Salesforceによると、この機能は「特殊なロジックを適用して、各予測の根拠となるデータを自然言語へと変換することで、営業チームのリーダーらに対してパイプラインから導き出される予測とその理由を提示する」画期的なイノベーションだという。

 また、「Einstein Opportunity Scoring」という新機能も発表された。この機能は、営業パイプラインにおいて最も価値のある取引を洗い出し、表面化させたうえで優先順位を付けることができるよう営業チームを支援する。同機能の目的は、契約締結の可能性が最も高い取引や、最もリスクの高い取引に営業担当者が集中できるようにすることだ。

 さらに、「Einstein Email Insights」いう新機能は、電子メールの受信ボックスにある最も重要なメールを優先順位付けするという。自然言語処理によってアクションや対応を推奨し、受信ボックスをより効率的なものにする、いわば電子メールアシスタントのようなものだ。

 Salesforceはこれら新機能の他に、AI関連の新興企業に投資する5000万ドルのベンチャーファンドの立ち上げも発表した。Salesforce Venturesにより運用されるこのファンドは、「Salesforce」プラットフォーム上でのAI機能の開発を促し、結果的にEinsteinをより強力なものにすることを目的としている。

Salesforce Einstein

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]