「CCleaner」悪用の攻撃者、NECや富士通、ソニーにマルウェアを配信か

ZDNet Japan Staff 2017年09月26日 17時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータ最適化ソフトウェア「CCleaner」にマルウェアが埋め込まれて配信された問題で開発元Piriformの親会社のAvastは9月25日、攻撃者のサーバから日本や米国、台湾などのハイテクおよび通信企業の40台のPCに別のマルウェアが配信された可能性を発表した。

 この問題では、CCleanerに埋め込まれたマルウェアが攻撃者のコマンド&コントロール(C2)サーバと通信する際、特定のアクセスに対してC2サーバから別のマルウェアが配信される仕組みだった。AvastやCisco Systemsの調査から、配信対象リストにハイテクや通信関連企業のドメインが記載され、初期の段階では約20台のPCに配信された可能性があるとしていた。

 その後の調査でAvastは、少なくとも12組織の40台に配信された痕跡を確認したという。国内企業ではNEC、富士通、ソニーのドメインの12台に配信されたとみられ、日本以外にはASUSやSamsung、Intel、VMware、Singtelなどのドメインに対して配信された可能性がある。

Avastが耕起したマルウェアが配信されたとみられるドメインとPC台数のリスト''
Avastが耕起したマルウェアが配信されたとみられるドメインとPC台数のリスト

 また、マルウェアが配信されたなかったものの、新たに13組織が攻撃のターゲットになっていたことも分かった。これらの中にはエプソンやサイバーダインのドメインが含まれていた。

 Avastによれば、攻撃者のC2サーバにはMacアドレスベースで568万6677件のアクセスがあり、このうち164万6536件のアクセスで交信が行われた。実際に不正プログラムが配信されたのは40台であり、同社は今回の問題がアクセス全体のごくわずかなPCを標的にする極めて高度な標的型攻撃だと結論付けた。

 また、C2サーバの設定に中国語に関連する情報や見つかり、攻撃者の活動が中東や中央アジアなどのタイムゾーンに集中していたことも分かった。Avastは、これらの地域にもハイテクや通信関連企業が存在しながら、この攻撃の対象リストに記載されていない点を指摘している。

 Avastはマルウェアが配信された組織に通知するとともに、引き続き調査を進めると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算