編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
Oracle OpenWorld

「Oracle Mobile Cloud」に新たなチャットボット機能

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-03 11:18

 Oracleは米国時間10月2日、同社のモバイル向けクラウドポートフォリオを拡充し、「Oracle Mobile Cloud」に新たなチャットボット機能を追加すると発表した。

 同社は約1年前、企業が自社ソフトウェアと接続するボットを構築する手段として、また企業がコンシューマーとつながるための支援を提供する目的で、インテリジェントなチャットボットプラットフォームを発表していた。

 同社は、今回拡張したチャットボット技術についても同様に、顧客との対話を自動化することで企業を支援するという目的の下、既存の企業アプリに統合できるスケーラビリティーに優れたユーザーフレンドリーなプラットフォームとしてアピールしている。

 Oracleによると、自然言語処理を活用するこの最新のインテリジェントボットシステムは、アルゴリズムを訓練し、チャットボットとやり取りする人間の意図をより良く理解するようになっているという。

 また、同プラットフォームに含まれているボットのローコード開発ツールを用いることで、開発者は利用可能なライフサイクル管理機能を用いてボットのテストや配備ができるという。さらに開発者は、リアルタイムでのチェック機能により、ボットの対話内容を確認するとともに、ボットの採用や利用、パフォーマンスに関する分析を実施することもできる。


提供:Oracle

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]