編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Microsoft Azure」からクレイのスパコンが利用可能に

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-10-24 09:52

 MicrosoftとCrayは米国時間10月23日、新たな提携を発表した。これにより「Microsoft Azure」の顧客は、Microsoftのデータセンター内に設置されたCray製スーパーコンピュータ上で特定のワークロードを実行できるようになる。

 発表によると、「Cray XC」や「Cray CS」スーパーコンピュータ、さらに「Cray ClusterStor」ストレージシステムを使用するオプションが提供されるという。このシステムはAzureと直接接続され、Azureの仮想マシン(VM)や、「Azure Data Lake」ストレージとともに、Microsoftの人工知能(AI)サービスや機械学習(ML)サービスとも連携する。

 MicrosoftとCrayがターゲットに据えているのは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やAI、モデリングシミュレーション、先進的なアナリティクスといったワークロードを「スーパーコンピューティング規模」で実行したいと考えている顧客だ。Azureのこの新しいオプションは、オンプレミス環境内に自らでCrayシステムを設置し、維持することができないと考えている顧客に向けたものと言える。

 MicrosoftとCrayが協力するのは今回が初めてではない。両社は2016年12月、深層学習アルゴリズムトレーニングツールキットである「Microsoft Cognitive Toolkit」を拡張し、「Cray XC50」スーパーコンピュータ上で使用できるようにした。さらにさかのぼる2005年には、Crayの共同創業者であるBurton Smith氏がMicosoftのテクニカルフェローとして同社に参加し、現在に至っている。


提供:Cray Inc.

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]