編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
調査

国内ストレージサービス市場、緩やかな縮小傾向続く--IDC Japan

NO BUDGET

2017-11-02 11:00

 IDC Japanは、国内ストレージサービス市場の実績と予測を発表した。市場全体の売上高は、2016年が2059億9300万円となり、前年と比べて1.1%の減少となった。2016~2021年年平均成長率(CAGR)は0.5%減。2021年は2008億9500万円の規模に縮小すると予測している。

 ストレージ機能の向上でシステムの構築作業が簡素化され、導入や構築、保守といったサービスの売り上げが減少している。ストレージ基盤の効率化や再設計といったコンサルティングは堅調に拡大するものの、売上比率が比較的小さいため市場全体として緩やかな縮小傾向が続くとみている。

国内ストレージサービス市場 売上予測
国内ストレージサービス市場 売上予測:2016〜2021年(出典:IDC Japan)

 企業がデジタル化に取り組む際には、IT基盤の柔軟性や拡張性、経済性を高める必要がある。特にビッグデータやIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などの活用に伴い取り扱うデータ量の増加が見込まれるため、クラウドを含めて新たなストレージ基盤を再構築する必要性が高まる。

 今後は、導入・構築・保守といった定型サービスから、コンサルティングや基盤設計といったビジネスへと重点が徐々に移っていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]