IBM、50量子ビットプロセッサのプロトタイプ構築

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年11月13日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 量子コンピューティング商用化の取り組みを進めているIBMは米国時間11月10日、50キュービット(量子ビット)プロセッサのプロトタイプを作成したと発表した。また、2017年末までに20キュービットプロセッサをオンライン上で利用可能にするとも発表した。

 IBMは同日、この成果の概要を「IEEE Industry Summit on the Future of Computing」カンファレンスで発表した。

 量子コンピューティングは、さまざまな分野においてブレークスルーをもたらすとされる技術だ。IBMは5月に、17キュービットプロセッサのプロトタイプを完成させたと発表していた。量子コンピューティングによって、従来のコンピュータでは手が付けられなかった問題を扱えるようになる。量子コンピューティングでは、2進数で動作する従来型のプロセッサと比較すると、計算処理を並列で実行できるという利点がある。

 今回の発表におけるポイントは以下の通りだ。

  • 20キュービットプロセッサを搭載した初の「IBM Q」システムは、超伝導設計と接続性、パッケージングを強化した製品となる。
  • IBMは次世代のIBM Qシステムに搭載する予定である50キュービットプロセッサの、実際に動作するプロトタイプを構築した。

 最初のIBM Qシステムのコンピューティング能力は、2017年末までにオンラインで利用できるようになり、2018年にアップグレードされる予定となっている。IBM Qのエクスペリエンスページを通じて量子コンピューティングの試用環境が提供されている。

 Intelも量子プロセッサの開発に取り組んでおり、これまでのところはパッケージングと接続性のスループット向上に力を入れてきている。IBMは、研究者やアプリケーション開発者のエコシステム構築にも取り組んでいる。

 量子コンピューティングの未来は明るいが、さらなる進歩が必要とされている。というのも、キュービットを均一にするとともに、安定化させるには極めて低い温度が必要となるという難点があるためだ。Intelは量子コンピューティングの実現に向けて実践的なアプローチを採用しており、パッケージングと素材に注力している。IBMも同様の取り組みを、クラウドでの実現に軸足を置いて推進している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算