編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
米ZDNet編集長Larryの独り言

AWSの「Alexa for Business」がスマートオフィスでの採用を見込める理由

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-12-05 06:30

 「Alexa、電話会議を開始して」

 「Alexa、午後7時にオフィスを消灯して」

 「Alexa、この部屋を午後1時に予約して」

 これらのコマンドは、Amazon Web Services(AWS)の「Alexa for Business」戦略を通じてあなたのオフィスでも使えるようになるはずだ。この戦略は、開発者にちょっとした民主化をもたらすとともに、Appleが得意としてきているコンシューマライゼーションというアプローチも含んだものとなっている。Amazonは「Alexa」を搭載した「Amazon Echo」を家庭に普及させ、今度は、手頃な価格のこのハードウェアを、あなたのオフィスにもたらそうとしているのだ。

 Microsoftの「Cortana」やGoogleの「Googleアシスタント」といったデジタルアシスタントがひしめきあう分野へのAlexa for Businessの参入は、競合企業にとってどの点から見ても悪いニュースと言えるだろう。

 Amazonの最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏は、同社の年次イベント「re:Invent」の基調講演においてAlexa for Businessを発表し、音声がデジタルシステムの新たな利用方法に向けた扉を開くとともに、そのようなシステムの構築手法を変革すると主張した。

 またVogels氏は、Alexa for Businessを紹介する際、音声機能の活用は理にかなっていると述べ、会議室や机で使うデバイスやテクノロジは複雑すぎると付け加えた。

 同氏によると「あらゆる会議は10分遅れで始まる」という。Alexa for BusinessはAlexaをオフィスにもたらし、電話をかけたり会議を開始したりできるようにするマネージドサービスだ。またAWSは、「Microsoft Exchange」や、Cisco SystemsやPolycom、Salesforce、SAP、Splunkといった企業の製品との連携に向けた提携関係も樹立している。


 AWSの計画は、Alexaを利用するスマートオフィスに向け、マネジメントプランを簡素化したかたちで提供するというものだ。また、Alexaのすべてのスマート機能はクラウド上にあるため、AWSはこの点でもメリットが得られるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]