企業決算

オラクルの第2四半期、クラウド売上高が44%増--自律型データベースへの期待示す

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年12月15日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間12月14日、2018会計年度第2四半期(11月30日締め)の決算を発表した。

 売上高は前年同期比6%増となる96億ドル、純利益は22億ドルで1株あたり利益は52セントだった。非GAAPに基づく1株あたり利益は70セントとなった。

 アナリストらは、売上高を95億7000万ドル、1株あたり利益を68セントと予想していた。決算報告前にアナリストらが動向を注意深く見守っていたのはクラウド受注だ。NetSuiteの買収から11月7日で1年が経過したこともあり、SaaSの成長はこれまでより難しくなるとの見方もある。

 JMP SecuritiesのアナリストPatrick Walravens氏によると、投資家らはクラウド受注が40%以上の成長を見せ、売上高の成長は40%前半になると予想していたという。アナリストらはこのほか、OracleがIaaSでAmazon Web Services(AWS)、Google、Microsoftを相手にどのように戦っているのかを示すデータにも関心を示していた。

 クラウド事業の総売上高は15億ドルで前年同期比44%増となった。このうち11億ドルはSaaSで、PaaSとIaaSの売上高は前年同期比21%増の3億9600万ドルだった。

 クラウドとオンプレミスソフトウェアの合計の売上高は78億ドルとなっている。

 Oracleは、クラウド事業が「勢いを増している」と述べており、最高経営責任者(CEO)のSafra Catz氏は好調なクラウド事業に期待を示した。共同CEOのMark Hurd氏も、第2四半期に「Fusion ERP」と「Fusion HCM」のSaaSスイートの売上高が65%増加したと報告している。アナリスト向けのカンファレンスコールでHurd氏は、データベース市場のシェアについても言及している。Oracleはデータベース市場でのシェアを持っていると述べ、競合についてやや辛口なコメントをした。

 Oracleとアナリストらは、「Oracle OpenWorld」で発表された自律型データベースによって同社が勢いづくと見ている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算