松岡功の一言もの申す

オラクルがクラウドで新規顧客を拡大している理由

松岡功 2017年12月13日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルがクラウド事業で新規顧客を拡大しているという。既存顧客がクラウドへ移行するのは想像がつくが、なぜ新規顧客が増加しているのか。

中堅中小企業へ新たに広がるオラクルのクラウド

 「オラクルの顧客層はこれまで大手企業が中心だったが、これからはクラウド事業の拡大に伴って中堅中小企業にも一層広げていきたい」――。日本オラクルでIaaS/PaaS事業を担当する竹爪慎治 執行役員は、同社が12月7日に都内ホテルで開催したプライベートイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」に伴って開いた記者会見でこう語った。

 同社でSaaS事業を担当する桐生卓 常務執行役員も同じ会見で、「現在、お客様がどんどん増えており、それに対応するための態勢づくりに追われている状態だ」と好調ぶりを口にした。

 クラウド事業をテーマにしたその会見には、Frank Obemeier 取締役 執行役 最高経営責任者(CEO)、クラウド・システム事業統括の大月剛 常務執行役員、クラウド・アプリケーション事業統括ERP/EPMクラウド事業本部長の桐生氏、クラウドソリューション営業統括の竹爪氏が登壇した。

 特に冒頭で竹爪氏の発言を取り上げたのは、オラクルがクラウド事業で中堅中小企業の新規顧客を拡大していることをかねて耳にしていたからだ。同氏が言うように、オラクルはこれまで大手企業を中心にビジネスを展開してきた。

 それというのも、とりわけOracle Databaseが大手企業に強い支持を受けてきたからだ。従って、クラウドへの移行に際しても既存顧客が引き続きオラクルのサービスを利用することは想像がつくが、中堅中小企業の新規顧客が拡大しているのはなぜなのか。


左から、日本オラクルのFrank Obemeier取締役 執行役CEO、クラウド・システム事業統括の大月剛 常務執行役員、クラウド・アプリケーション事業統括ERP/EPMクラウド事業本部長の桐生卓 常務執行役員、クラウドソリューション営業統括の竹爪慎治 執行役員

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算