編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

理研、AI研究用計算機システムを国内最大規模に大幅増強

NO BUDGET

2018-04-23 14:08

 理化学研究所(理研)は、2017年に同研究所の人工知能(AI)研究拠点である革新知能統合研究センターに導入したAI研究用計算機システムの設備を増強した。富士通が4月20日に発表した。

 この計算機システムは、「RAIDEN(Riken AIp Deep learning Environment)」と称されるもので、富士通が納入している。増強されたシステムは、総理論演算性能(半精度浮動小数点演算時)が当初の4ペタフロップス(PFLOPS)から、国内最大規模となる54PFLOPSへと大幅に向上しており、2018年4月に稼働を開始した。

 増設システムの構成は、ディープラーニングに特化したGPUサーバとして、NVIDIA Tesla P100アクセラレーター搭載のNVIDIA「DGX-1」を、最新のNVIDIA Tesla V100アクセラレーターに改修し、「DGX-1」の台数を24台から54台に増設した。

 さらに、汎用性の高い処理が可能な計算クラスタサーバとして、富士通製の32台のPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M2」に加えて、新たに64台の「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550 M4」を導入した。また、大容量データを扱う計算サーバとして「FUJITSU Server PRIMERGY RX4770 M4」も1台追加している。

 AI研究の特にディープラーニングの最前線では、より複雑な特徴を捉えて精度などを向上するため、ニューラルネットワークと呼ばれる機械学習手法が大規模に行われ、計算量が急激に増大している。また、ディープラーニング以外のAI研究でも、用いられるデータのサイズや複雑化するアルゴリズムによって計算時間が増大している。

 こうしたことを背景に革新知能統合研究センターでは、AI研究のさらなる促進と研究開発の効率化、今後の活用ニーズの拡大を見据え、増強を実施した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]