マイクロソフト、AIサービス強化へ--アクセンチュア、アバナードと連携

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年05月23日 11時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月22日、人工知能(AI)サービスの構築でAccentureおよびAvanadeと協力していくと発表した。業界別のアプローチで顧客へのAIソリューション提供を実現するという。

 今回のパートナーシップは、MicrosoftがHP Inc.やMacy'sといった顧客向けに開発している、カスタム型バーチャル支援エージェントを拡大するものだ。Microsoftが「Dynamics 365 AIソリューション」と呼ぶこのエージェントへの取り組みは、同社の顧客関係管理(CRM)/統合基幹業務(ERP)製品である「Dynamics 365」とは何のつながりもない。

 Microsoftは、「Microsoft Knowledge Graph」や「Bing」データ、マシンリーディング技術を使用し、法人顧客向けにカスタム型エージェントを開発している。

 Microsoftのコマーシャルパートナーチャネルおよびプログラム担当コーポレートバイスプレジデントであるGavriella Schuster氏はLinkedInへの投稿で、MicrosoftはAccentureのApplied Intelligenceグループと連携し、コンシューマー向けパッケージ製品市場や通信、小売りといった業界をまたがり、顧客エンゲージメントの向上と売上高の増大をもたらすインテリジェントな業界別のソリューションを開発していくと述べている。

 Schuster氏は、Accentureの「Intelligent Customer Engagement」(ICE)フレームワークとMicrosoftのカスタマーケア向けAIソリューションを組み合わせることで、「さまざまな顧客のニーズをより良く理解し、それに応えられるような」デジタルアシスタントが実現できるとしている。またMicrosoftとAccentureは、Accentureの「Intelligent Revenue Growth」(IRG)製品をMicrosoftのAIプラットフォームにもたらすことで、パッケージ製品市場に秘められている市場機会を開拓していく。同氏は、「IRGは販売部門による機会の洗い出しと、その後の展開を最大で10倍加速できるようにするために、機械学習(ML)技術を活用している」としている。

 なお、Microsoftの「AIプラットフォーム」を構成する製品には、「Visual Studio Code Tools for AI」や「AI Toolkit for Azure IoT Edge」「Machine Learning Studio」といったAIツールだけでなく、「Azure Cognitive Toolkit」や「Open Neural Network Exchange」(ONNX)フォーマットといったAIフレームワークのほか、「Azure Cosmos DB」から「Azure SQL Database」や「Azure Kubernetes Service」「Data Lake Store」「IoT Edge」サービスに至るまでのMicrosoftにおけるすべての「AI関連のインフラ」が含まれている。

 MicrosoftとAvanade、Accentureの3社は連携し、データ科学者やエンジニア、アーキテクトで構成された技術者チームを用意し、MicrosoftのAI技術へのアーリーアクセスを提供しようとしている。Accentureの「Applied Intelligence」には現在1万9500人が携わっている。また、8000人以上がMicrosoftのAIおよびAI関連のリサーチに注力しているという。AccentureとMicrosoftによって2000年に設立されたジョイントベンチャーであるAvanadeも、AIに重点を置いた取り組みを推進している。

Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]