編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
松岡功の一言もの申す

新CRMに待ち受ける“いばらの道”にSAPはどう立ち向かうか

松岡功

2018-06-14 11:00

 SAPが新たなCRM(顧客関係管理)製品「C/4HANA」を発表した。ERP(統合基幹業務システム)の「S/4HANA」に続く業務アプリケーションの戦略商品だが、前途は“いばらの道”といえそうだ。

Salesforce CRMに対抗する新たなCRM製品を発表

 SAPが先週、米国フロリダで開催した自社イベントでCRMの新製品として発表したC/4HANAは、インメモリデータプラットフォームのHANAをベースに、マーケティング、コマース、サービス、顧客データ、セールスといった領域のクラウドサービスを統合した製品だ。

 SAPのBill McDermott最高経営責任者(CEO)は、CRMを抜本的に刷新したと強調。さらに、HANAをベースにERPのS/4HANAをはじめとして、全てのSAP製品と深く連携できることをアピールした。

 C/4HANAの発表内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは同製品を取り巻く状況に注目したい。その意味では、McDermott氏の次のコメントが競合状況を物語っている。

 「CRMについては、セールスオートメーションにフォーカスしている競合サービスもあるが、私たちは顧客をきめ細かく見える化することにフォーカスしている」

 ここで社名は伏せながらも競合サービスと語ったのは、今やCRMの最大手となったSalesforce.comのことである。SAPが今回刷新したC/4HANAの内容は、Salesforce CRMを相当意識したものになっている。

SAPのBill McDermott CEO(出典:C/4HANAの発表に関連するSAPのサイトより)
SAPのBill McDermott CEO(出典:C/4HANAの発表に関連するSAPのサイトより)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]