編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

トーバルズ氏が語るLinux、プログラマー、オープンソース開発--Open Source Summit

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-09-10 06:30

 最新のLinuxカーネルではコードの行数が約2000万行になっており、これを理解するのは大変なことだ。カナダのバンクーバーで開催された、The Linux Foundation主催のイベント「Open Source Summit North America」で、VMwareのバイスプレジデント兼最高オープンソース責任者Dirk Hohndel氏は、Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏に対して、カーネルをすべて理解しているかと尋ねた。Torvalds氏の答えは「ノー」だった。

 しかし、これはさほど大きな問題ではないという。Torvalds氏は、「カーネルの全貌を知っている者はいない。ただし私は、長年にわたってパッチを見続けてきたことで、私は全体像を把握している。パッチを見れば、それが正しいか間違っているかは分かる」と語った。

 さらに同氏は、「私が気にかけている問題の1つに仮想ファイルシステムがある。これは、私が今でも積極的に活動している領域の1つだ。また私は、すべての緊急の問題と、多くのx86アーキテクチャの問題に関わっている。以前はスケジューラについて心配していたが、今はもう心配していない」と続けた。

 では、実際には誰がLinuxの面倒を見ているのだろうか。それは、Linuxカーネルのメンテナーとサブメンテナーだ。Torvalds氏は、今Linuxを作っているのは彼らであり、今自分がバスにひかれてもLinuxは続くだろうと語った。つまり、Torvalds氏は今でもプログラミングを続けているが、作っているのは主にダイビング用のソフトウェア「Subsurface」で、Linuxに関してはマネージャーであり、開発者ではないということだ。

 Torvalds氏は、「カーネルの技術的な問題については心配していない。いつも気にかけてはいるが、今、特定の問題を心配しているわけではない。コードそのものよりも、ワークフローの方がはるかに重要だ。もしバグが見つかっても、対処の仕方は分かっている」と述べている。

 これがオープンソースの強みの1つだ。そしてこれは、Linux開発者が「Spectre」のセキュリティホールへの対応で問題だと感じていた理由でもある。「複雑な問題には、クローズドな環境では対処できない。それには実際に問題を発見する人間が必要で、それに加えて、それらの人々に問題の解決に関与できる権限を与え、手伝ってもらう必要がある。世界は複雑であり、その複雑さに対処できる唯一の方法は、開かれたアイデアの交換しかない」と同氏は言う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]