編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MS、ファイル消失問題受け「Feedback Hub」修正--深刻度を報告可能に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-11 12:10

 ファイル消失の問題を受けて、Microsoftは「Windows 10 October 2018 Update」(バージョン1809)の提供を中断したが、多くのテスターがその問題を既に報告していたことが明らかになった。その後、同社は「Windows Insider Program」登録ユーザー向けの「Feedback Hub」ツールに修正を施した。

 MicrosoftのFeedback Hubでは、アップグレード後のデータ消失について、Windows Insider Program登録ユーザーから複数の報告が寄せられていた。Microsoftのエンジニアがそれらの報告に気づきさえしていれば、同社はWindows 10のバージョン1809アップデートの提供を中断する代わりに、この問題を修正できていたかもしれない。

 この問題を修正するフィックスの発表と共に投稿された短いメモの中で、Microsoftは、Windows Insider Program登録ユーザーやユーザーが同社と共有する問題の深刻度を報告できる新機能をFeedback Hubに追加したことも明かした。

 Windows Insider ProgramチームのBrandon LeBlanc氏は、「これにより、フィードバックの量が少ないときでも、最も影響の大きい問題をより効果的に監視できるようになると考えている」と述べた

 「ユーザーは新しいフィードバックを提出する際、問題の深刻度とユーザー体験への影響を報告できるようになった」(LeBlanc氏)

 Microsoftによると、実際のデータ消失の報告件数は、バージョン1809がインストールされた件数の「0.01%」だったという。

 同社も認めているように、データ消失は非常に深刻な問題であり、1809のプレビュー段階でそのようなインシデントが報告されていたら、同社はバグを想定した不安定なビルドをテストするユーザーと共に、1809のリリース前にそれらの問題に対処することを選択していただろう。

 LeBlanc氏はこの深刻度評価システムの仕組みを説明していないが、このシステムによって、件数の少ない報告がFeedback Hubに埋もれてしまう問題に対処できるかもしれない。

Microsoft
提供:Microsoft

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]