SAPジャパンとABEJA、企業のAI活用支援で協業

NO BUDGET

2018-10-12 10:16

 SAPジャパンとABEJAは10月9日、人工知能(AI)の領域で戦略的協業を開始すると発表した。「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」と「ABEJA Platform」を組み合わせた学習環境と実行環境の両方をワンストップで提供する。

 SAP Leonardo Machine Learning Foundationはモノのインターネット(IoT)、機械学習、ブロックチェーン、アナリティクスなどの技術の統合基盤。「ABEJA Platform」は、AIの継続的なインテグレーションに必要なパイプラインを包括的に提供するプラットフォームで、100社以上の運用実績がある。

 具体的な活用例としては、統合基幹業務システム(ERP)に格納されている設備関連データや稼働状況データと、ドローンの動画検査データ・音声情報・環境情報を組み合わせて分析し、最適な設備の予防保全を行うことなどが挙げられている。また、倉庫内の在庫・入出庫の傾向・売上情報、倉庫内人員の位置情報、カメラからの情報などから、入出庫の無人化やロボットの活用が可能になるなど、これまでできなかった業務内容が実現できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]