編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室

第11回:SNS運用担当者は休んじゃいけないんですか…?

後藤真理恵 (SNSエキスパート協会 代表理事)

2019-02-15 07:00

 ――ここは、とあるオフィス街に月1度だけひっそりとオープンする「SNS担当者お悩み相談室」。日々奮闘している企業のSNSマーケティング担当者たちの悩みを、SNSエキスパートであるMarie先生がやさしく解決へと導く、いわば隠れ家的カウンセリングルームである。

常連相談者:飯根(いいね)くん

2019年4月に社会人3年目を迎える会社員。休憩時間に「ざっくりわかるSNSマーケティング入門」を熱心に読んでいるところを上司に見つかり、2018年から会社のSNS運用担当を任されることになった。ポジティブで頑張り屋だが、ほめられるとすぐに調子に乗ってしまうところが玉に瑕。

今月の相談:SNS運用担当者は、休んじゃいけないんですか…?

飯根:Marie先生、こんに…ゲホゲホッ、すみません。こんにちは。

Marie先生:飯根さん、こんにちは。そのマスクと咳…どうされました?

飯根: 恥ずかしながら、まんまと流行に乗ってしまいまして。昨日まで外出禁止だったんです。

Marie先生: まあ、それは大変でしたね…。ゆっくり休めましたか?

飯根:それが…(ため息)弊社のSNSアカウント運用は私ひとりでやっているので、誰にも代理を頼めなくて。高熱よりも、止まらない咳よりも、その重圧が辛かったです(涙声)

Marie先生: そうでしたか。それは、飯根さんの会社にとっても改善すべき状況ですね。たった一人の担当者でSNSアカウント運用を行うことにはリスクが多いのです。例えば今回のように担当者である飯根さんが会社を休んだり、部署異動になったり…

飯根:会社をやめちゃったり!?

Marie先生:そうです。担当者の休暇・異動・退職などによって、SNSアカウント運用がストップしたり最悪の場合は運用が自然消滅してしまったり。そんな事態にならないようSNSアカウントはチーム体制で運用することが望ましいのですよ。今日はチームによる運用体制構築について説明しますね。

飯根:はい、よろしくお願いします。あまりの辛さに、「会社やめちゃおうかな」なんてちょっぴり思ったりしてたんですが、考え直します!

Marie先生:よかったです。飯根さんは、一人で悩んだり苦しんだりしなくていいのですよ。SNS運用もこれからはぜひチームで。そして、悩んだらまた相談室に来てください!

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]