PDF Report at ZDNET

AIの普及とともに考えるべきバイアスの問題

PDF Report@ZDNET

2019-04-02 16:00

 人工知能(AI)による意思決定は信頼できるものでなくてはない。AIが普及し、活用される中で起こりうるバイアスの問題が話題になるとともに、そのような問題に対応するサービスも登場している。IBMは2018年、AIの導入を管理できるクラウドソフトウェア「Trust and Transparency capabilities」を発表した。複数のフレームワークでモデルのバイアスを検出し、そうした要素がもたらす影響を監視して、軽減できるという。

 こうした動きは、企業が意思決定を行うために、機械学習やさまざまなモデルを導入するようになるにつれ、AI管理の重要性が高まっていることを浮き彫りにしている。企業幹部は、こうした技術を支えるモデルやデータサイエンスを理解するのに苦労するはずだ。またIBMは、企業がAIを大規模に本番環境で導入するのをためらっているのは、AIモデルに対する信頼と透明性が欠けているからだとしている。

 そのようなAIの管理は企業にとって、今後最大の課題の1つになるかもしれない。この課題に対する企業の取り組みや考え方などについて参考になる記事をまとめた。

AIの普及とともに考えるべきバイアスの問題

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]