編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IBMが開発者にDJI製ドローンを無償提供--自然災害アプリ開発コンペの参加者を募る

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-06-04 11:26

 独学で開発者となったPedro Cruz氏は2018年に、 IBMの自然災害アプリ開発コンペティション 「Call for Code」に参加した。このコンペは、自然災害を防ぎ、自然災害に対応し、自然災害から回復するためのソリューションを見つけることを目指した取り組みだ。Cruz氏はハリケーン・マリアに襲われたばかりのプエルトリコに住んでいたこともあり、このチャレンジはとりわけ意義深いものだった。

IBMが開発者にDJI製ドローンを無償提供

 ドローンを使った災害対策ソリューションDroneAidを開発したCruz氏は、次のように説明した。「ハリケーンの直後、両親、家族、祖母の行方が心配だったが、通信手段が何もなかった。被害状況が分かってくると、心配が増すばかりだった。しかしありがたいことに、私はドローンを持っていた」

 同氏はなんとか家族や祖母を見つけ、安全を確認することができた。その後、ドローンを使って、援助が必要なほかの被災者を探すというアイデアを思いついた。ドローンを飛ばすと、必死に助けを求めるメッセージが地面に書かれているのを、空から見ることができた。

 Cruz氏はDroneAIDプロジェクトで、水、食糧、医薬品など、被災者が表示できる視覚的なシンボルを考案し、それらを画像認識技術を使ってドローンが読み取ることができるようにした。シンボルを読み取ったドローンは、その情報を救援活動者に伝送する。最も必要とされている場所に、必要とされている救援物資を届け、応答時間を大幅に短縮できる可能性がある。Cruz氏はこのプロジェクトにより、2018年にプエルトリコで行われたCall for Codeハッカソンの受賞者となった。

 IBMの担当者は、「適切なツールさえあれば、開発者は素晴らしいソリューションを開発できる。Code and Responseイニシアチブは、Call for Codeなどのコーディングチャレンジの一環となるもので、オープンソース技術を開発し、最も必要なコミュニティーに普及させることを目指している」と述べた。

 IBMはその精神に乗っ取り、ドローンを無償で提供する「IBM Developer Drone Giveaway」を開始した。より多くの開発者がドローン関連のコードパターンを活用して、IBM Cloudで運用し、Call for Codeコンペティションに参加できるようにするためだ。応募締め切りは7月末。ドローンの無償提供は2019年で2年目を迎え、「DJI Tello」ドローンを1500機配布する予定である。

 ドローン提供は、ドローン技術と「IBM Watson」の画像認識APIである「 Visual Recognition」の強力な組み合わせを推進することも目指している。例えば開発者は、山火事の被害地域を調査して、焼失した住宅と被害を逃れた住宅を特定したり、洪水の被災地で屋根に避難している住民や、救助ボートを特定したりするために、このシステムを使っている。

 アプリ開発コンペティションに参加して、ドローンの提供を受けたい開発者は、同社ページで無料のIBM Cloudとともに、応募できる(コンペ参加者は米国、カナダ、英国、スペインの居住者に限定)。IBMは米国時間6月16日まで、毎週火曜日に抽選を行い、当選者を発表する。当選した開発者にはDJI Telloドローンのほか、ドローンプログラミング向けのコードパターンが提供される。

 開発者はその後、「Node-RED」やIBM Watson Visual Recognition、「Watson IoT」、IBM Cloud、「IBM Data and Analytics」などのツールを使い、さまざまなチャレンジで斬新なドローンアプリケーションの開発を競うことになる。

 より広範なCall for Codeコンペティションは、7月29日まで実施する。自然災害救援向けオープンソースアプリの開発で優勝した開発者には、賞金が提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]